自賠責や税が戻る?

廃車を考える前に買取を!自賠責や税が戻る?

お家に動かなくなった車があり、廃車を検討中の方でに買取にて高価査定が付くことを知っていますか?
ここからは、動かなくなった自動車を高く売却する方法を説明してゆきます。

たとえば、事故を引き起こして動かなくなった自動車を放置しているような場合、車検満期までの期間が残されていれば、廃車と同時に自賠責保険料と自動車重量税の払い戻しが受けられます。
また、5月までの抹消登録であれば自動車税が払い戻されます。

車検は、新車登録から3年その次からが2年ごとで、登録月から換算し、車検時に払い込んである自賠責保険料と重量税が払い戻され、5月までの自動車税還付が受けられます。
この払戻金だけでも数万円になることがあり、廃車にかかる手数料を引いたとしても差し引きでプラスとなります。

ただ、これは無価値の車両に関して、車検満期前で翌年度の税金支払いまでの期間が残されているケースで、万が一その車に、価値が残されているのであれば、自賠責、税還付と車両価値分が評価され、そこから廃車に関わる手数料が引かれて、お金が受け取れるでしょう。
これは、廃車買取を専門で行う業者があり、見積もりを依頼することにより廃車を考えていた車両にも評価が付きます。

一般的な買取大手の場合、次のユーザーに転売を目的としてビジネスとしていますので、転売が難しいと判断した車には非常に低い査定価格や、むしろ廃車費用を求めることがあるのです。
しかしながら、廃車費用は手数料であり、言わば丸儲けとなり、さらにはスクラップ業者や解体業者に買取りをさせ、それとともに本来オーナーに返還されなければいけない法定費用も、そのことを伝えることなく着服しているのが現状です。

たとえば、税還付と自賠責払戻金が合計で3万円ほどあり、車両買取価格が2万円とした場合で、手数料が1万円であった場合、差し引きでも4万円受け取れるのです。
それが、何のお金も受け取ることなく、1万円回収のみがされれば、プラスマイナスで6万円の損失となるのです。

大手買取業者は、お客から受ける1万円と解体業者等から受け取った金額(大抵5千円から1万円)と法定料金の払い戻しの合計で10万円ほどの利益が出ることもざらにあります。
しかも、お金を受け取っておいた挙句、専門業者に意外にも高い金額で転売していることがあります。
事故車や不動車であっても部品取りや金属としての価値が見られることがあり、意外な高値がつくことが多いのです。”