まず買取査定を

廃車にする前にまず買取査定を

なんらかの理由で、所有している車の処分を考えているのだとしたら、大きく分けて二種類の方法があります。
一つは廃車にしてしまうというもので、いわゆるスクラップにしてしまうわけです。そして廃車にしない場合は、買取専門店に依頼して引き取ってもらうというもので、どちらにしたら良いのだろうと悩んでしまう人も決して少なくはありません。
ですが、廃車にする前に、ぜひとも買取専門店に査定してもらっておくことをおすすめします。

その理由は、車というのは捨てるところがほとんどないため、よほどの理由がない限りは、買取ってもらうことが可能だからです。
たまにどんな車でも買取ます、というような広告があったり、店舗に同様の看板を掲げていたりするのを目にすることがあるのですが、決して嘘をついていたり、騙してやろうなどと良からぬことを考えているわけではないのです。

なぜなら車のほとんどは鉄でできているためで、例え動かなかったとしても、資源として再利用が可能なので、多少なりとも値段がつくというわけなのです。さらに日本車の場合なら、海外でも人気が高いため、仮に二十万キロ走っているような車だったとしても十分に買い手がいるほどですし、動かないのなら部品を取って他車に流用できたり、パーツだけを販売するといったことが可能となります。

そのため、しばらく乗っていなかったのでバッテリーが上がってしまった、水没させてしまった、事故を起こしてしまったなどといったことでも、決して諦めてはいけません。
まして、まだまだ動くというのなら、古いからといって廃車なんてもっての外で、ちゃんと査定してもらっておくべきなのですが、その際にはできるだけ多くのお店にお願いして見てもらっておきましょう。

というのも、店舗によって買取金額の相場が違うということもあるのですが、同じ車種を何台も在庫として抱えていても売りさばけないと意味がないので、そのような時は買い叩かれることがありますし、逆にお客さんからの注文で探しているなら、無理をしてでも買取ってもらうことができるのかもしれないのです。中には独自の販売ルートを持っているところがあり、特定の車に関してはかなり高値をつけてくれる、ということもあります。ただ、そのような事情は表に出ないことがあり、なかなか判断できないため、いろいろと回って査定してもらっておくと良いというわけです。
以上のことから、車は廃車にする前に査定をしてもらっておくべきなのです。”