戸籍謄本は必要?

車買取の際の廃車手続きでは戸籍謄本は必要?

愛車を何らかの理由で売却・処分する際には、車買取業者などで廃車手続きを行うことになります。廃車手続きを行う場合には、いくつかの必要な書類がありそれらを準備してから手続きへと入っていきます。
しかし、オーナーによっては必要書類に違いがあるケースがあります。いくつかの必要書類は共通しているものの、オーナーによっては「戸籍謄本」が必要となることもあります。ではいったい、廃車手続きにおいてどのような場合に戸籍謄本を準備しなければならないのでしょうか。

普通車を廃車にする場合、中古車買取業者などに相談することが多いですが、廃車手続きは買取業者でも行うことが可能です。
その他には陸運局に直接出向いて手続きを行うこともできます。しかし、個人で行うとなると場合によっては手続きがややこしくなることもあるので、買取業者に委任してもらう方が簡単に済みます。

手続きで必要となる書類は、自動車検査証(車検証)・自賠責保険証明書(車検切れの際は不要)・リサイクル券AとB券(リサイクル料金を支払った場合)・印鑑証明書・自動車登録専用委任状・自動車登録専用譲渡証明書などが必要となります。このうち自動車登録専用委任状と譲渡証明書においては、インターネットでダウンロードできます。その他に、免許証や印鑑登録済みの実印などが必要となります。

これが一般的な手続きで必要となる書類等です。しかし、引っ越しをしたり結婚をしたことで手続きで必要となる書類がさらに増えることがあります。
例えば、自動車の登録を行った後に引っ越しを1回した場合には住民票が必要となり、2回以上の引っ越しを行った場合には戸籍の附表が必要となってきます。また、戸籍謄本が必要となるのは結婚をした場合で、結婚によって苗字が変わり自動車の名義人の氏名も変わったのに、変更をしていなかった場合には戸籍謄本(戸籍抄本でも可)が必要となります。

軽自動車における廃車手続きの書類では、普通車よりも少なくもう少し簡単に済むことが多いです。
廃車手続きは、そのオーナーによって車種や状況が違うため、手続きの方法や必要となる書類にも違いが出てきます。例えば、車をローンで返済している途中の手続きであったり、オーナーが亡くなっていたり未成年である場合でも、準備する書類が変わってきます。
戸籍謄本は、結婚等で車の名義人の氏名変更を行っていない時には必ず必要となるので、注意が必要です。準備書類にモレが無いようにするためにも、一度業者に確認を取っておくと良いでしょう。”