バイクの廃車、買取

バイクの廃車、買取について

バイクの場合、維持費が軽自動車税くらいですので大型バイクでもない限り年間数千円程度です。原付ですと場所も取りませんのでついつい、手元に置きっぱなしにしてしまう方も多いのではないでしょうか。維持費そのものは安いのですが、ほとんど乗らない場合は修理代という維持費がかかりませんか?エンジンがかからない。プラグを交換するのも、バイク屋まで持って行くのも一苦労です。よほど大型バイクでない限り、事故車ですと値段はつかないと思われますが、ずっと費用が掛かりっぱなしなのに比べると少しでも早く手放した方が得です。

一言で手放すと言っても友達に譲るとか、個人間売買ですと売り渡した後にトラブる危険性が付きまといます。きちんと名義変更してくれただろうか、渡しっきりで何の連絡もない。知っているのは、メールアドレスだけ。なんてことになったら心配で仕方ないですよね。
そんなことなら、思い切って自分で廃車手続きしてしましましょう。基本は、役所にナンバープレートを返納するだけです。廃車証明書をもらえますので、それをもって自分でスクラップ業者へ持ち込めばそれで廃車完了です。街中で不要なバイク無料で引き取ります。

といったところでもきちんと、廃車手続きをしてもらえそうな会社であれば費用も掛からず(実際には、部品取り等で利益は出ています)手放すことが出来ますので一番お手軽な方法であると言えます。動く状態であれば、近くのショップに持ち込んで廃車にしたい旨お伝えすると、気前のいいところであれば、買取をしてくれることもあります。もちろん、状態にもよります。事故車、水没車になると値段はつきにくいですね。

皆が一番多いケースとしては、買取ではないでしょうか。やはり、少しでも金額が付けば、きちんと手放すことが出来、なおかつお金までもらえるのでいうことなしです。ただ、買取の一番のネックは、安いことです。というのも、委託でオークションに出品して利益分を渡すとかですと、業者にリスクがないですが、買い取ったものの一向に再販できないとなれば、買取業者が困ってしまいます。ほとんどの場合、海外に輸出することになるでしょうが、それでも個人の買取業者には費用的に厳しいのが現状です。数をこなさなければもうけになりません。

やはり、私達一般消費者が一番気を付けなければならないのは損をするまえに不要になったものはすぐに手放すってことでしょう。早ければ、年式が新しいということですし、放ったらかしにしてからでなければ、状態もそこそこに良いでしょうからね。”