県外ナンバー

県外ナンバーの廃車や買取には一手間かかります

県外ナンバーの自動車を廃車または買取を行う場合は、元々付いている県外ナンバーの所有者の置かれている状況によって、揃えるべき書類や手続きの流れが変わります。もし旧所有者がそのまま現在の所有者である場合には、自動車の主たる所在地のナンバープレートに番号変更の手続きを行い、その上で抹消登録つまり廃車を行う流れになります。このときにはそれほど苦労をすることなく、廃車の手続きに進められるのが常です。

一方、県外ナンバープレートが付いていてしかも所有者が変更になっている場合には、かなり手間がかかります。まずは県外から県内のナンバープレートに変更しなければいけませんが、そのための手続きについては、主たる所在地の変更も行わなければなりません。このとき、所有している人が変わっているつまり移転登録をしなければならない場合には、旧所有者と新所有者の印鑑登録証明が必要です。移転登録を行いついでにナンバープレートも変更して、現在の所在地に移す必要があります。この後にさらに買取を行った業者なり新しい買取者なりに名義を変更する流れとなります。廃車の場合も同様です。

さらに話をややこしくするのが、所有権の問題です。その自動車をローンを組んで購入している場合は、所有権に土江自動車会社が保有しています。そのため、この状態を所有権留保の状態にします。車検証上では所有者がそのローンを貸しているところで、使用者が購入者となっているわけです。この場合、県外に移転したとしてもローンの返済が終わっていない以上、所有者を変えることは出来ません。したがって、廃車も移転登録も出来ません。ただ単位住所変更つまり変更登録で使用者の住所を変えるだけとなります。

それでも自動車ローンの返済が終われば、所有権留保の解除を行いますので、改めてそのときに所有権を移すように求めることとなるでしょう。この作業が加わり、その分だけ手間がかかることにつながります。可能であれば県外にいる段階でローンの返済と移転登録をしておくことが望ましいと言えるものです。

ナンバープレートは基本的には主たる所在地が変われば、期間内に速やかに変更しなければいけません。しかしながら、この手続き自体をなかなかしない傾向にあります。法律では行わなければならないわけですが、しなくても罰則規定はなく、特に問題視されることはありません。このことからも自動車自体の手続きが煩雑になる要因にもなっています。”